Niche Agua
ベタ・チャンノイデスやスラウェシシュリンプ、水草レイアウト、DIYなんかやってます。
最新記事



ブログ内リンク



最新コメント



検索フォーム



Easyタグクラウド



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A&Fソイル最終章
こんばんは!OTL.spです。
今日は先日の実験後放置状態であったA&Fソイル実験水槽です。

前回の2月21日から半月ほど経過しましたが、コケました。
0304-1.jpg

上から見ると主にガラス面に付いてますね。
0304-2.jpg
アンモニア出たり水質的にはあんまりでしたが、なぜかコケはあんまり出ませんでしたが
ここに来て出ました、でもやっぱりここまでの水質の割には少ない?ですかね。

今日の水質です。
0304-3.jpg
硝酸塩、亜硝酸は、落ち着きました。
水質もおおむね大丈夫って感じでしょうか。
0304-4.jpg
しかしまあ、結論としてこのソイル現状では怖くて使えないかな~。
コケがなぜか出にくいのがいいですけど。
スポンサーサイト
侘び草
こんばんは!OTL.spです。
今日はA&Fソイル実験水槽の侘び草です。

この水槽に先日侘び草を入れたんですけどコレがわりと調子いいです。
0221-1.jpg

この水槽に入れる前に曲がったり痛んだとこをトリミングしてからこの水槽に
入れたんですけどCo2添加なしで順調に育ってます。
前回はアンモニア出たりあんまりでしたが、水草は特に影響なく育ってます^^

0221-2.jpg

生体は何も入れてないですがコケだけは増えないですね~。
なんとなく水草が調子良さそうなので水質を再度測定してみました。

まずは問題のアンモニア
0221-3.jpg

う~んだいぶ改善されてきました。まだ少し出てますがまあ換水で対応できそうな感じですね。
ここからがA&Fソイルの実力発揮でしょうか?
しかし初期にアンモニアがあまりも多かったですが^^;
次にその他水質も計測しました。

0221-4.jpg

亜硝酸・硝酸塩もほぼゼロでGH、KHもまあいい感じです。
だいぶ安定してきました~これなら生体入れても良さそうですね。
パイロットにメダカでも入れてみましょうかね。

今日の最後はオトシンクルスに締めてもらいます。
0221-5.jpg
えっとバイオレットグラス内を掃除してます^^;
水流を物ともせず特攻してコケを食べてます。
さすがに中に入れるとは思いませんでした。
しかしかなりバイオレットグラスがコケまみれなので
掃除しなきゃな~と思いつつ日が過ぎてます(汗)
新規水槽@実験中
こんばんは!OTL.spです。
今日は先日立ち上げた水槽のその後です。

先日の記事では、アンモニア出まくりのA&Fソイルでしたが
あれからどうなったかと再測定です。
先日の記事のあとに侘び草を投入し、さらにバクター100も追加してみました。
0218-1.jpg

0218-2.jpg

まずはテトラ試験紙で亜硝酸、硝酸塩、GH、KH、PH、CLを測定します。
0218-3.jpg

まず亜硝酸、硝酸塩ですがほんの少し出てるくらいですね。
これだけだといいようです。
0218-4.jpg

硬度は前回同様で低いですね。多少は改善されたように感じますけど。
0218-5.jpg

さて問題のアンモニアですけど、多少減っていそうですがまだ多いですね。
0218-6.jpg

PHは
0218-7.jpg
7.0前と同じですね。そういえばテトラの試験紙のPHってどの水槽で測っても
同じ位なんですよね^^;
弱アルカリでも弱酸性で出てて信用してません。
他は良さそうなんですけど・・・。

というわけで前回から8日経過しましたが変化なしですね。
まだろ過働いてない印象ですね。
実験方法に問題ありなんでしょうかね~
仕方ないのでソイルを新しいA&Fソイルに変えて水も入れ替えようかな?
あとTDSメーターがあればもっと詳しく分析できそうなんですけどね~持ってないので^^;
でも不思議とこのソイル透明度が良くてしかもコケは全く出ません。
この辺何かありそうです。どんな理由なんでしょう?
新規水槽
こんばんは!OTL.spです。
今日は新規立ち上げ水槽です。

若干実験的な水槽です。底床はA&Fソイルです。
んでろ過は底面直結外掛けです。
それでどんな水質になるかの検証です。
うまくいけばそのままベタを飼育します。

0210-1.jpg

まず水を張ったまま1週間してそれから一日水をまわした結果です。
PHは、
0210-2.jpg

7.0 ど中性です。

次にアンモニアをチェック
0210-3.jpg

ありゃ、アンモニア出まくりですね^^;
この色だと危険と書いてあります。

次にGH
0210-4.jpg
これは低めですね。
0か4ですね。これもOKてとこから外れてますね^^;

次にKH
0210-5.jpg
これも0か3とOKから外れそうでやばそうです。

実はこのソイル前に実験水槽に使ったソイルをそのまま実験的に
使ってるのでこういう結果なのかもしれません。
亜硝酸も硝酸塩もほとんど検出されずアンモニア全開ということは完全にろ過働いてないですね。
メチレンブルーで殺菌されたままでしょうか?
仕方ないので明日ソイル入れ替えようかな~
底面ろ過実験
こんばんは!OTL,spです。
今日は昨日に引き続き底面ろ過能力実験です。

さて昨日準備した水槽の濁りも取れたので実験開始します。

0201-1.jpg


まずメチレンブルーを10滴落とし攪拌しました。
14:41分に開始しました。
0201-2.jpg

およそ1時間後の15:53分です。

0201-3.jpg

外掛けろ過の時と大違いですでにほぼ綺麗になってます!
やはり底面のほうがろ過能力は高そうですね。


さらにほぼ1時間後(開始から2時間)
16:55分
0201-4.jpg
すっかり綺麗になりました^^
外掛けでは完全には透明になりませんでしたが
今回の底面ろ過では完全に透明になりました。
この結果から考えると外掛けろ過は普通活性炭の吸着ろ過がメインですが
その能力だけならソイルの方が遥かに上ですね。
まあ外掛けのように交換はできませんが・・・。
なんにしても外掛けより単純に6倍以上の吸着力の差がありました。
(外掛けでは12時間以上かかってもここまできれいになりませんでした)

今後もろ過能力実験をいろいろしてみようと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。