Niche Agua
ベタ・チャンノイデスやスラウェシシュリンプ、水草レイアウト、DIYなんかやってます。
最新記事



ブログ内リンク



最新コメント



検索フォーム



Easyタグクラウド



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロバブル実験
こんばんは!OTL.spです。
今日は今実験中のマイクロバブルによる溶存酸素量の増加実験です。

まず、マイクロバブルですが、そのまんまマイクロサイズの泡です。
で何がどうしたかって言うと簡単に言うと通常より気体が溶け込みやすいために
溶存酸素量の増加が見込めます。
なのでただ単なるエアレーションより効果がありそうなのでちょっと
実験してみます。
他にも海水で使うプロテインスキマーの様に有機物を泡で集めたりも出来ます。

えー目的ですが、ビーシュリンプの抱卵率アップを目論んでいます^^
下の資料によるとテナガエビは溶存酸素量が生存・繁殖にかなり影響を与えるようなので
ヌマエビも同様であろうと思い実験してみます。

茨城県内水試研報

そこでマイクロバブルの発生方法ですが、
よくアスピレーターという実験器具で自作されているので
早速パクることにw
100413-1.jpg

この外部フィルターのホースに繋がっている金属パーツが
アスピレーターです。こいつでマイクロバブルを発生させます。
いわゆるベンチェリ効果で吸気するので流量が多いものほど
多くのバブルを作れます。
今回使ったのは、エーハイム500ですが、なんとか発生できました。

100413-2.jpg

ものすごい細かい泡が出てるのが分かるでしょうか?
ちょうど冬場にお湯を出したときに水が白濁してますが
あんな感じです。

この泡はなかなか消えず水槽内を漂います。
100413-3.jpg

この白い細かいものは泡です。これだけの泡が水槽内に舞っていれば
そうとう溶存酸素量が増えそうですが、DO計が無いので分かりませんw
また機会をみて計測しようと思います。
まだ水槽を立ち上げたばっかりなのでエビは入れてないですがまた入れようと思います。

とりあえずこの水槽のスペックでも
水 槽: 60×20×20cm(プレコ製)
ろ 過: 自作底面直結エーハイム500
ライト: 2灯式ライト
CO2: なし
生 体: ビーシュリンプの予定
水 草: モスとかを適当にw
その他: アスピレーターによるマイクロバブル

また実験結果をアップしようと思います。


ブログランキング@参加中です。
いつもクリック協力ありがとうございますペコリ(o_ _)o
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

コメント

これ、面白そうですね。

吸気はどんな感じになってるんですか?

流量にあわせてベンチュリー効果という事はポンプ要らずってことですね。

常時エアレーションですか?
[2010/04/14 05:01] URL | GARCIA #MDo56pwE [ 編集 ]


マイクロバブルが簡単に作れる器具が売ってるんですね。
面白そう!
音がウルサイとかないですか?

ところで、エアーの追加はどの経路からになるのでしょうか。
写真では、分岐部分のチューブを縛ってられますね。
[2010/04/14 12:33] URL | jenuine #LkZag.iM [ 編集 ]

Re: タイトルなし
GARCIAさん コメントどうもです。

おっ食いつきましたねw
吸気ですが、アスピレーターは本来もっと
流量がある環境で使うので少ない流量でも
使えるように吸気側を縛って押しピンで
穴を開けてそこからの吸気です。
ベンチェリ効果で吸気するのでもちろん
エアーポンプは要りません。
まあ言えば泡の細かいディフィーザーですね。
泡が細かいので飛沫が散らなくていいですよ^^
というわけで常時エアレーションです。
[2010/04/14 21:05] URL | OTL.sp #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
jenuineさん コメントどうもです。

すっかりご無沙汰してます^^;
一応アスピレーターはもともと気体と液体を混合したり
吸気側から吸うのを利用して真空を作るのに使うものです。
なので水槽利用は自己責任ですね~
音は吸気がシリコンホースのせいかも知れませんが
チュルチュル?みたいなCDの読み込み時の音みたいなのが
してます。ホースを硬いものにすればしないかもしれません。
でもフィルターの吐出口は静かですし飛沫も散らなくていいですよ^^
アスピレータの吸気部分は流量にあわせて縛って小さい穴だけ
空けてます。
[2010/04/14 21:17] URL | OTL.sp #- [ 編集 ]


これは一度使用してみたいですね^^
なるほど面白い仕組みですね
今、Niche Aguaさんのブログを見ていて
出来るかどうかは分かりませんが
面白いアイディアが浮かびました^^!
時間があるときダメもとで
工作してみます^^
脳ミソ フル回転しました^^;
[2010/04/14 22:40] URL | 通りすがりのアクアリ #- [ 編集 ]


マイクロバブルって言葉だけでなんだかすごくよさそうと
思ってしまいますw
[2010/04/15 09:27] URL | せーらむ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
Aqua styleさん コメントどうもです。

面白いアイデアが気になりますw
Aqua styleさんならすごいのできそうですね~
出来たら教えてください。
[2010/04/15 20:58] URL | OTL.sp #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
せーらむさん コメントどうもです。

そうですよね~でも実際のとこどうなのか
実験していこうと思ってます^^
[2010/04/15 21:00] URL | OTL.sp #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://akmusi.blog65.fc2.com/tb.php/188-12a7c588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。